【将棋】永瀬拓矢六段 △2七角不成でSeleneに反則勝ち!?電王戦FINAL第2局 観戦記

公開日: : 最終更新日:2015/03/29 将棋 , , , ,

selene 永瀬 挨拶

電王戦FINAL 第1局 斎藤慎太郎 五段勝利の勢いに続き2連勝と行きたいところです。

本対局は永瀬拓矢六段が後手番での対局となります。
人間側は、過去未だ後手番での勝利はなく、もし勝利すれば電王戦FINALの勝ち越しも一気に近づいてきます。

また、Selene開発者・西海枝昌彦さんは自前で和服を用意して対局に臨んだそうです。

西海枝 和服

永瀬拓矢六段とSelene(西海枝昌彦)のプロフィールはこちら

SPONSORED LINK

永瀬拓矢六段 vs Selene(西海枝昌彦)

永瀬登場

第1局の斎藤慎太郎 五段同様、永瀬拓矢 六段が音楽に合わせ高知城に入城します。

視聴者の事前勝敗予想は、約8割の方が永瀬拓矢 六段が勝利すると予想していました。

永瀬 selene 勝敗予想

Seleneの戦型は右玉!?

selene 右玉

練習対局で話題になったseleneの「鬼殺し」を期待してましたが、seleneが初手2六歩と指した為、その可能性は消えました。
戦型は相居飛車となりseleneが「右玉」に組んでいきます。
右玉はプロ・アマ間では流行していますが、電王戦シリーズでは初めて現れる戦法。

第1局のAperyは初手から時間をかけて指していましたが、seleneは初手から比較的早いペースで指していたため、見ている方もストレスが溜まらずに見れました。

序盤から長い駒組みが続きもしかすると、永瀬六段は千日手で引き分けを狙っているのではないかという説がありましたが50手目辺りからSeleneが仕掛け千日手の可能性がなくなりました。

66手目永瀬六段が約38分の長考の末△1五歩と仕掛けた所でSeleneの評価値が300点まで上がりこのパターンはSeleneの勝ちかなと思いきや・・・・

Selene △2七角不成を認識できず反則負け!?

永瀬 selene 投了

互いに攻め合いSeleneの評価値が500点程リードしていた88手目、永瀬拓矢六段が指した27角不成と指した直後に異変が起きます。
Seleneに不具合が発生し対局場が慌ただししくなり、解説会場の棋士達も何が起きているか理解できていない状況。

永瀬六段が「角不成が認識できていません」とSelene開発者の西海枝さんに説明していた所で視聴者達も状況が把握できました。

約30分程協議をした結果、Seleneが王手と認識できず2二銀と指した為、王手放置でseleneの反則負けになりました。

Selene △2七角不成の不認識問題について

selene 投了

永瀬拓矢 六段はSeleneが角不成の認識が出来ない事を事前に知っていたそうです。

Seleneとの練習対局でたまたま誤って角不成と指したらSeleneが投了しそのバグを知ったとのこと。
ちなみに角だけではなく飛車、歩の不成りも認識できないと永瀬六段は指摘しています。

開発者・西海枝昌彦さんは不成りが認識できない事は知らなかったようで、今回の問題が起きてしまった原因については、大会に出すプログラムは毎回0から作っておりそれが原因ではないかと記者会見で述べています。

今回の対局永瀬六段が▲2六歩△3四歩▲48銀△7七角不成と指していたら、Seleneが王手に気づかず王手放置でわずか4手で対局終了になっていた可能性もあります。

selene 4手
永瀬六段があえて88手目に「2七角不成り」を指した理由については、

  • 形勢互角の局面で「角不成り」をやるつもりはなかった。
  • 88手目に不成りを指したのはバグで投了させる為ではなくSeleneの持ち時間を削る為。

だったと記者会見で述べています。

 88手目△2七角不成の局面はどちらが優勢か!?

selene 投了2
(第1図 88手目 △2七角不成)

1図は永瀬六段が△2七角不成と指し終局となった局面で、1図の評価値はSeleneが+474点と有利な局面ですが、数手進めていくと永瀬六段が勝勢の局面に変化します。
それを考慮し日本将棋連盟は、永瀬六段の勝利という判断を下しました。

Selene,評価値を出している「やねうら王」はこの変化にまだ気づいていない為、Selene が有利と評価してしまったようです。

まとめ

永瀬 selene 記者会見

永瀬六段は本局を振り返って

  • 5,6手目で想定外の局面になった
  • 本譜の局面はSeleneが得意とする形
  • 練習対局の勝率は1割

とコメントしています。

これだけ不利な条件が重なっても「不成り」のバグを使わないなんて格好良すぎます。
今回の件で、好感度超アップは間違いありません。

1989年の羽生善治 VS 加藤一二三 戦で「伝説ので5二銀」というのがありましたが今回、永瀬拓矢六段の指した手は、『伝説の2七角不成』として後世に受け継がれていくのではないでしょうか?

今回永瀬拓矢 六段の勝ち方は、第1局の斎藤慎太郎 五段の対局を忘れさせてしまう程インパクトがあるものでした。

公式放送はこちら

電王戦FINAL 第1局観戦記:斎藤慎太郎五段 vs Apery(平岡拓也)
電王戦FINAL 第3局観戦記:稲葉陽七段 vs やねうら王(磯崎元洋)

電王戦FINAL詳細

SPONSORED LINK

関連記事

【将棋】電王戦FINAL観戦記 斎藤慎太郎五段がApery(平岡拓也)に勝利。

今年で最後となる電王戦FINALの1局目・斎藤慎太郎五段 vs Apery(平岡拓也)の対局

記事を読む

【将棋】2014電王戦リベンジマッチ 森下卓九段 vs ツツカナ(一丸貴則) 詳細決定

<a href="http://www.nicovid

記事を読む

【将棋】電王戦FINAL 阿久津主税 八段 vs AWAKE(巨瀬亮一) 第4局見どころ

電王戦FINAL第4局で村山滋明 七段 がponanza(山本一成)に敗れ2勝2敗で第5局を

記事を読む

【将棋】電王戦FINAL 斎藤慎太郎五段 vs Apery(平岡拓也) 第1局詳細決定

  今回で4回目となるプロ棋士 VS コンピュータが戦う電王戦FINALが2015年3月14日

記事を読む

【将棋】山口直哉さん、秒読みちゃんの誘惑に負けずAWAKE下す!「さかとも」も挑戦『電王AWAKEに勝てたら100万円!!』

2015年2月28日、3月1日にニコニコ生放送で放送された、『電王AWAKEに勝てたら100

記事を読む

【将棋】電王戦FINAL 村山滋明 七段 vs ponanza(山本一成) 第4局見どころ

電王戦FINAL第3局で稲葉陽 七段がやねうら王に敗れ、人間側の2勝1敗で第4局を迎えます。

記事を読む

【将棋】阿久津主税 八段がAWAKE(巨瀬亮一)に2八角と打たせ21手で決着!?電王戦FINAL第5局 観戦記

2勝2敗で迎えた電王戦FINAL第5局 阿久津主税 八段 vs AWAKE(巨瀬亮一)の対局

記事を読む

【将棋】『二歩』で話題の「ハッシー」こと橋本崇載 八段が有吉反省会に出演!?

日本将棋連盟所属のプロ棋士「ハッシー」こと橋本崇載 八段が、日本テレビ系列のバラエティ番組『

記事を読む

【将棋】電王戦FINAL 稲葉陽七段 vs やねうら王(磯崎元洋) 第3局詳細決定

第3回電王戦で良い意味でも悪い意味でも有名になった、やねうら王開発者・磯崎氏。電王戦FINA

記事を読む

【将棋】電王戦FINAL 永瀬拓矢六段 vs Selene(西海枝昌彦) 第2局詳細決定

第1局 斎藤慎太郎五段 vs Apery(平岡拓也)戦に続き、今回は第2局 永瀬拓矢六段 v

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑